露地のサクランボ

最近、連日のように雨が降っています。残念なことに雨除けを張っていないサクランボが壊滅状態です…。

雨が降るとサクランボが軸から水分を吸収してしまい、果実が肥大します。それで果皮がその膨張に耐えられず実が割れてしまうのです。少しでも色づいているモノは大体割れている状態です…。更に割れた部分からカビ菌が付着して灰星病が広がります。カビは湿気が大好きなので、雨や霧の日が続くと罹患速度が益々早まります。
雨除けのサクランボも霧の日が多いため割れが見られる状態です。早く晴れの日が来ないか待ち遠しく思っています!



更に更に鳥による食害も増えてきました。。こんな調子で出荷できるのか不安しかありません 笑

周りでは山桑だけが元気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です