さくらんぼの出荷開始

7月に入り、だいぶ暖かくなってきました。
サクランボも色づき始めたので、本日より出荷を始めました。

送付は遠方からということで、九州と四国、一部関西から開始。
朝8:00に余市から出荷できれば翌日には到着するという早業!さすがエアー便。
クロネコさんが意地でも死守する飛行機便は、この時期にのみ本領を発揮します。

今日は色づきが良い露地の紅さやかと水門を収穫、出荷しました。

その後は除葉して少しでも色づき促すようにしてきました。

夕方からの雨が明日のサクランボにどう影響しているのか。。
明日は出荷するかどうか朝一で考えることとします。
もしご興味ある方はFBにご連絡ただければと思います!




話が変わりますが、ブドウが8割くらい開花しました。

ブドウには花びらが無く、花冠というキャップのようなもので雄しべと雌しべが格納されてます。
この花冠が飛ぶことにより開花するのですが、飛びが悪いと開花したにもかかわらず、花冠が付きっぱなしという個体も出てきます。
ここにカビ菌が入ると実が罹患してしまい、モノにならないのです。
慣行栽培であれば灰カビ・ベト防除を問題なくやればいいのですが(今年はそうします)、有機的管理だとそうもいかず、来年からどうしようか思案中です。
SSかければ風で吹き飛ぶんだろうか??
とにかく、病気にならないよう注意します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です