アメリカからの薪割り機輸入方法 その5

6月から色々と動いていた薪割り機が9/20にようやくわが家へやって来ました。

引き取り日当日、まずは苫小牧フェリーターミナル近くなる函館税関苫小牧支所へ。そこで輸入に関する手続きを行い、輸入許可通知書を発行してもらいます。そして、一路苫小牧東港へ。
ちなみに函館税関は北東北(秋田や青森、岩手)から北海道全域をカバーする税関とのこと。東北までカバーしてるとは知らなんだ。

こちらが苫小牧東港。そして乙仲の入るビルとコンテナヤード。

バナナ会社時代に東洋川崎や上組東京を見ていたので、大きさには驚きませんでした。
ちなみに中国や韓国などからの貨物が多いようでした。
今回利用した乙仲は北旺CFSという会社。そちらに船会社から発行されたD/Oを渡し、倉庫から薪割り機を搬出してもらって軽トラの荷台へ。長さぴったりな感じです。

その後、再度税関へ戻り、今度は荷物の中身を確認するため車ごとX線の検査施設へ入れます。

この検査自体は5分程度で終了し、その後税関に今回の関税9,300円を支払いました。
これで晴れて薪割り機が余市へ持ってこられることとなりました。長かった…。

家に着き開封。

組み立てはyoutubeにて公開されているので非常に簡単。ただし、パーツパーツが結構な重たさなので腰が痛くなってしまいました。

完成したところで早速薪割りを。
10tくらいの薪割り機では歯が立たなかった太いイタヤカエデやミズナラ、節の多いサクランボもノンストレスでパカパカ割れていきます。

今後、何年持つか分かりませんが少々めんどくさいことをしながらも個人輸入したので大事にしていこうと思いました。

これで薪割りが楽になる~!

アメリカからの薪割り機輸入方法 その4

さて、タコマ港を出港した薪割り機は一路、釜山港へ。

アメリカから日本へ直接入港する船はあるものの、神戸や川崎などにしかなく、希望の苫小牧港は釜山経由でしかないとのこと。。
本州の港へ入港して通関、国内配送を依頼すれば、とも思いましたが代理通関を依頼して国内配送するだけで10万円を軽く超えてしまうことが分かり断念しました。
結果、苫小牧へ入港させ、自分で通関をしようとなりました。

あ、書き忘れましたが米国出向と同時に船会社からBLという貨物の詳細が書かれた書面が届きます。
これとコマーシャルインボイス(こちらも船会社から)が通関で必要になるものです。

そこからが長かったのですが、9/3に苫小牧着予定なので9/1には釜山を出港しなければなりません。
実は後で知ったのですが、釜山港は本当に規模が大きく荷物の積み替えに非常に時間がかかるようです。

結局日本へ入港すると分かったのは9/15で、9/12釜山出港⇒9/16苫小牧着とのこと。
明日じゃないか!じゃあ即取りに行こうと乙仲と苫小牧税関に確認したところ何か変。
乙仲からはD/Oがないため出庫できいないとのこと。
D/Oとは乙仲に荷物を出してOKですよと船会社から発行されるものです。

はて?お金は輸入代行業者に支払っているのに・・?

実は輸出から釜山での積み替え⇒日本の流れまでの支払いは終わっていたのですが、苫小牧港の使用料、倉庫保管料並びにハンドリング料が支払われていなかったとのこと。。
この料金はA/Nに記載されていました。

ここまででかかった金額ですが、

・タコマ港⇒釜山での積み替え⇒苫小牧港の運賃:78,927円
・苫小牧港の港湾使用料:20,472円
・米国での支払い代行の費用:136,862円(前回記載)
・関税:9,300円(その5で記載)

合計245,561円

となりました。

日本でyardmaxの25ton並みを購入するとこの倍くらいにはなると思います。
薪割り機自体の機構はエンジン以外は圧力を上げる油圧がダメにならない限り問題ありません。
壊れづらいのもありますが、壊れても地元の技術屋さんで十分修復可能かと思います。
もし、ダメであっても米国から部品輸入は可能なので問題ないと思ってます。
また、問題はエンジンですが、中国産OEMを避けたのはここです。
名の通ったエンジンメーカーは確かに高いですが、それ相応の耐久性があると思っています。

次回苫小牧への引き取り模様と使用感について書きたいと思います。

アメリカからの薪割り機輸入方法 その3

とりあえず輸入代行業者の選択ですが、ワインブドウの輸入苗を依頼した業者の対応が良く、信頼できたのでその会社に最初から決めていました。
肝心の薪割り機は米国最大級のホームセンター、THE HOME DEPOTへ。
https://www.homedepot.com/
ちなみにこちらは日本で契約したクレカは使用できまへん。

このホームセンター、日本でいう所のコーナンやコメリ、ビバホーム、ジョイフルなどど同じ位置づけだと思いますが、品数が半端でない。しかも店舗数も半端でない。
アメリカ人のDIYする率すごいんでしょうね。うちの近くにも1軒欲しい。。
ネット注文すると納品先の最寄り店舗から無料配送してくれるという仕組みです。
店舗数多いからできる技ですね。

とりあえず下記が米国内での流れとかかった費用です。

①6月中旬にHPにて欲しい薪割り機を物色

②輸入代行業者に依頼して代行購入
⇒購入が済むとインボイスが代行業者より送られてきます
商品価格:1061.20$、代行費用:153$

③7/18輸入代行業者管理の受け入れ倉庫へ薪割り機を搬入(無料)

④タコマ港8/10出港(船会社ヴァンガードロジスティックス)

6月から物色しましたが、意外に時間がかかり米国を出たのが8/10となりました。
ここから太平洋を渡り、一路釜山港へ。
この時点でかかった費用は②1214.02$(136,862円)

次回船会社への支払い費用から日本での引き取りまで記載します。

アメリカからの薪割り機輸入方法 その2

アメリカから輸入が決まったことで値段意外にもいいことがありました。
それは、非常に豊富な種類から気に入ったものを選べるということです。
国内だと買える機種が限られるため、そもそもで選択肢がほぼありません。




条件としては、
・エンジンはOEMのものではなく、メーカー純正品
・トン数は20以上、30以下
・純米国製
・縦割り可能
・十字割りアタッチメントの付属
・可能な限り安く
・統一メーカーモノ(中身OEM除外)
を考慮。

悩んだ結果今回はこの3機種に絞ってみました。
①NorthStar Horizontal— 24-Ton, 160cc Honda GX160 Engine ⇒1399.9$
②cab cadet 27-Ton 277 cc Gas Log Splitter⇒1699.9$
③yard max 25-Ton 208cc Briggs and Stratton Powered Gas Log Splitter⇒1062.8$




①②はHONDAエンジン、③はBriggs and Strattonエンジン
それぞれ純米国製で縦割りも可能。
ただ、十字アタッチメントが最初からついているのは③のみ。
また、米国内の送料が②③は無料で①は別途。

その他、最大処理できる薪の大きさやインターバルの速さ等比べてみて、③に落ち着きました。

ただ、ここからが少々面倒でした。

大きさ、重量ともに航空便は無理。
当然船便になります。

また、米国ではクレジットカード契約を米国内での登録がされていないと支払いができないサイトがあります。
アメックスやmaster等でも日本で契約しているものは使用できません。
Paypalであってもできません。




そのため、今回はコンテナ船便ということもあったので、輸入代行業者へ依頼することにしました。
苗木の時と違い、代行業者依頼でも今回は静観してられました。
代行業者に薪割り機を購入、立て替えしてもらい、こちら側でコンテナ輸送量と薪割り機代を支払う流れです。

この中で見落としていたところがあったのですが、とりあえず次回、薪割り機の個人輸入ノウハウ(個人での通関)です。

アメリカからの薪割り機輸入方法 その1

薪ストーブユーザーになって次の冬で3シーズン目です。
ちなみにストーブはjotul F500。
操作簡単だけど燃費悪い…。

1年目は薪を作製できず、非常に親切な方から格安で分けてもらいました。
2年目は1年目の経験を活かし、2年分の薪を作製しました。
しかし、2年目の薪割り作業が非常に大変でした。
というのも、ウチにあるのは剪定を繰り返された枝分かれの非常に多いサクランボや、相当に太いミズナラ、イタヤカエデ等々。
燃やせば良い熾きが出来るのですが、如何せん硬い…。割るのが手間。
2年目は8t、10tの薪割り機を貸していただきましたが、割れないことが多くチェーンソーで縦挽きしていました。




今後、何年も薪ストーブは使う予定です。薪は作り続けなければなりません。
しかし毎度毎度薪割り機を借りるのは気が引ける…。
いっそ薪割り機を購入しようか…。
悩んだ挙句、色々あって、購入しよう!
となりました。

先ずは、国内ものを物色。

一言。「高い!」

10t程度の輸入品であっても中国以外のものは軽く20万を超えるものもざら。
国内組み立てと言っていても中身はすべて中国産なんてのも。それでもHONDAエンジンだからか非常にいいお値段。
薪割り機は油圧の機構とガソリンエンジンの組み合わせ程度。なので造りが簡単なようで、近所には薪割り機を自作している方もいるくらいです。
それでこのお値段は…。
さらに今回は20t以上の薪割り機が欲しい。国内で購入するとそもそも売っているところが〇イガーくらい。
P〇OWだと30tで30万ちょい(中身中国)。コマツゼノアのだと50万円以上です。




考えた結果、アメリカから個人輸入をすることに決めました。
薪割りの時間も必要なので6月くらいから動き始めましたが…。

続きは明日。

すっかり秋めいてきました

ここ数日は曇天で、合間に雨降りが続く天気です。
気温も低く、苗の伸長は若干ありますが、止まらせたいのもあり穂先を摘んでいっています。
ほぼどの品種でも幹の登熟が確認できるようになりました。
しっかり冬を越すうえでも未登熟は避けたいところ…。




ところで、キノコが取れているという話があり、それならばと昨日朝早くに近所の山へきのこ狩りへ行きました。
ハナビラダケ、ハナイグチ(落葉)、シロヌメリイグチ、、ヤマイグチ、タマゴタケ、ポルチーニ茸の近縁種のヤマドリタケなど含め意外に生えてました。


本格シーズンはこれからなので、暫くしたらまた行こうと思います。
ただ、帰ってからの虫出しと洗浄が手間でした…




あと先日、雨降りの合間に玉ねぎ収穫しました。
平飼い養鶏の鶏糞使わなかったせいもあり相当に小ぶり。
ペコロスかってのも 笑

今週末にはジャガイモ堀りを行う予定。
今年は土寄せをまじめにやらなかったのでどうなっていることやら…。