展葉の開始と行者にんにく

2020年シーズンが始まり、1月とちょっと。

畑は一面銀世界から芽吹きの季節へとだいぶ様変わりしました。
ここ数日の温かさで、品種によっては展葉が始まってます。

いよいよカメシーズン到来です!





今シーズンは新しい畑の造成はなく、補植が100本少しだけでした。
作業も5月は少し余裕あるので、普段手の回らないことや羊の世話をしています。

その羊ですが、本日毛刈りをしました。
出た羊毛は上さんが処理して手芸品を作るそうです。
毛刈り終わりの羊は寒そうでした…。

あと、山菜シーズンが始まってから日々の食卓が春の恵みにあふれています。
私は、以前はハリギリやタラの芽、山ウドが好物でしたが、今では専ら行者ニンニクです。
山に行けばうなるほど生えています。
先日気分転換で行った山で45Lゴミ袋2つの収穫がありました。

急斜面に生える行者ニンニクです。


こちらはアズキ菜です。




シーズン少し逃してしまい、かなり葉っぱが大きくなってしまいましたが…。
これを細かく刻んで、ごま油と醤油、卵を混ぜてご飯にかけると最高においしいのです。